スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
医療費控除
 確定申告シーズンまっさかり。
年間の通院、薬局での購入費用が高額だった人にむけた医療費控除という仕組みがあります。

今日の読売新聞でも解説していました。
「年間の1家族当たりの医療費のうち10万を超えた額が医療費控除額です」

って、これを読むと、そのオーバーした額が全額返ってくると勘違いしませんか?
昨年たまたま12万ほどになったので、2万円戻るのかと思い、初めて申請しました。

領収書を整理して、全部計算して、源泉徴収票をコピーして、税務署で四苦八苦…
ところが、戻ってきたのは2000円弱。
10万円を超過した額の1割が戻ってくるだけなのです。
これだけ手間をかけて・・・1割だと知っていれば申請はしませんでした。
税務署側の事務負担を考えても、赤字財政の加担をしてしまったような、
複雑な気持ちになりました。

わざわざ解説記事を掲載するなら、この1割返金というシステムを説明してくれればいいのに・・・。
自分の勉強不足が一番の要因だったんですけどね>_<
オススメ   体験 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
スポンサーサイト
- | - | -
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK BOTTOM